尿漏れはタイプ別で対処方法が違う!其々の正しい対処方法

切迫性尿漏れに対処する!

尿意を感じて直ぐにトイレに行っても我慢できず漏れてしまうタイプを切迫性失禁と呼び3つの対処法が考えられます。薬物療法で原因である膀胱の急な活動を抑制する薬を服用しますが、副作用の心配がありますので安易に市販薬に頼らず、必ず受診して薬剤を処方してもらう必要があります。他にオシッコを我慢する訓練と骨盤底位体操を行い、薬物療法と併用して行うと効果も高いです。排尿日誌を付ける事も重要で量や回数を付けていくと診察に役立ちます。

腹圧性失禁に対処する!

くしゃみや咳・運動・ジャンプなどの刺激で尿漏れを起こす腹圧性失禁は女性に多く、特に出産経験があったり立ち仕事の人・便秘で毎日いきむ習慣がある人はリスクが高いです。切迫性同様に骨盤底位体操で骨盤底筋をトレーニングする事が根本的な治療になり、薬物療法もありますが尿道を締めるだけの一時的な効果しか期待出来ませんので体操と併用で行うと早期に軽快出来ます。骨盤底位体操は椅子に座りお尻の穴を締める動きを1回10秒として1日10セット行います。

日常的な対処法とは?

水分の取り過ぎも刺激になりますが尿漏れしていると水分を控えてしまいがちになりますので1日5~8リットルを目安に摂取します。利尿作用の強い飲み物も少量なら良いですが、飲み過ぎに注意してビールなど利尿作用が強い刺激物は避けるようにします。スムーズな排便習慣で便秘で力む動作を避け、食事も食物繊維が豊富なメニューにします。肥満も尿漏れの原因になりますので運動等で体重管理を行います。尿漏れパッドを使用している場合は小まめに取替え清潔にします。

尿漏れは下着が尿で汚れるだけではなく、悪臭や細菌の繁殖などのデメリットもあります。そのため、尿取りパッドなどの衛生用品を使用して股間が不潔にならないように工夫することが大切です。

尿漏れはタイプ別で対処方法が違う!其々の正しい対処方法