コンタクトのお手入れがあなたの瞳を守ります

カラーコンタクトが人気です!

メガネを掛けているとスポーツをする時邪魔になったり、ぶつかって曲がったりすると掛けにくくなることがありますよね。そんな時に便利な視力矯正器具にコンタクトレンズがあります。最近ではカラーコンタクトがいろいろな雑貨屋さんに置いてあって、種類もものすごく豊富になりました。瞳の色合いだけでなく輪郭も大きくできるので目力のある魅力的な瞳に仕上がります。今ではお化粧をする時に装着するのが当たり前になっている女性も多く、その需要は目覚ましいものがあります。

お手入れが抜群に楽になりました

カラーコンタクトに限らず使い捨てのコンタクトは一日で処分するワンデータイプと数日の装用後処分するものに分かれます。二週間の使用後処分するタイプのものは、使用する間はお手入れが必要になります。昔、ソフトコンタクトレンズといえば煮沸消毒を毎日したり、定期的にたんぱく除去を行ったりと手間の掛かるケアが必要でした。最近のケアはワンボトルタイプで、こすり洗いと浸け置き、保存が一本の薬品で出来るので当時から使用している人にとっては大変便利になりました。

きちんとお手入れしないと瞳が傷んでしまいます

昔より手入れが楽になったコンタクトケアですが、二週間後処分をしてしまうからと手を抜いてあまりお手入れをしていなかったり、決まりを守らずに規定以上の時間使用していると、目にとって大変な事態が起きることがあります。コンタクトは経年変化と共にキズや汚れが付着し、長期間使用しているとそこから雑菌が発症してきます。目の上に雑菌だらけのコンタクトを長時間乗せていたら目にとって良いはずがありません。正しい使用方法さえ守ればこんなに便利で楽しいものが、病気を発症すると医者から使用を中止させられることがあります。せっかくなら大切な瞳のためにもルールを守って使っていきましょうね。

コンタクトレンズ危険性は、慢性充血や角膜上皮炎、ドライアイとありますが、もっとも恐れられているのは角膜内皮細胞が減少する事です。その結果、角膜が白く変色する危険性があります。

コンタクトのお手入れがあなたの瞳を守ります